2017年5月10日水曜日

通路が通りやすくなりました

    相模線沿いの通路に樹木が覆いかぶさり、自転車や歩行に支障をきたし、「何とかしてほしい」という下溝地域の方からの要望をうけ、南土木事務所に改善を求めていましたが、このたび樹木の剪定がおこなわれ、地域の方から喜びの電話が入りました。

                以前の通路

               

                                         剪定されきれいになった通路

平和行進 10日相模原にリレー

 5月6日に、東京・夢の島から出発した2017年原水爆禁止国民平和行進が10日、相模原にリレーされ、午前9時40分にJR相模原駅前を出発、相模補給廠正門前を通り、ウェルネスさがみはらを経由してJR淵野辺駅前まで150人を超える人たちが行進しました。
 出発集会では、相模原被災者の会の丸山進会長や、東京・神奈川・静岡を歩くアメリカから参加したケイラ・ウォーリーさん(米タフツ大学学生、ピースアクション)などから挨拶がありました。

 
                                    出発集会で挨拶するケイラ・ウォーリーさん

  
 ウェルネスさがみはらでは、相模原市長への要請書が読み上げられ、市長の代理として出席した渉外課課長に手渡され、市長からのメッセージが課長から読まれました。
 要請書では、核兵器は絶対に人類と共存できず、一刻も早くなくすことは人類の最も緊急な課題と強調し、核兵器廃絶国際署名に市を挙げて取り組むなど8項目を要請しています。
 JR淵野辺駅前には午前11時半頃に到着し解散しました。
 午後からは、相武台前駅前を出発し、キャンプ座間正門を通り、座間市役所まで行進します。
 

2017年5月1日月曜日

第88回相模地域メーデーに参加

 5月1日、「働くものの団結で生活と権利を守り、平和と民主主義・中立の日本をめざそう」をメインテーマに「第88回相模地域メーデー」が富士見中央公園で開かれ、約200人が参加しました。
 日本共産党議員団を代表して、藤井克彦県会議員が来賓あいさつしました。



 その後、各団体から報告と決意が語られ、「共謀罪廃案」「働き方改悪反対」などのプラカードを掲げ、デモ行進しました。



 デモ行進出発直後から雨が降り出し、コースを短縮したのですが、雨がやみ解散地点である富士見中央公園には予定より、だいぶ早く戻ってきて、各団体ごとに料理を囲み楽しく交流しました。