2017年9月23日土曜日

一般質問をおこないます

9月26日(火)に一般質問をおこないます。
質問要旨は、以下のとおりです。

1、介護予防・日常生活支援総合事業について
 (1) ひとり暮らし高齢者等給食サービス事業について
  ア 利用者減少の要因について
  イ 本事業の見直しと公募の周知方法について
  ウ 市内の小売店への影響について

2、安全・安心な生鮮食料品等の市内流通について
 (1) 卸売市場(しじょう)法の規制緩和の動きについて
 (2) 相模原綜合卸売市場(いちば)の閉鎖について
 (3) 市民の台所”としての卸売市場(しじょう)等の開設について

3、地域経済振興と中小・零細工場への経営支援について
 (1) 市内製造業の収益の悪化について
 (2) 零細工場の実態把握について
 (3) 中小・零細工場を守り、雇用を増やす施策について

2017年9月20日水曜日

沖縄から孫たちが…

9月15日に沖縄から娘の広美と孫の菜帆(なほ・3歳)、海愛(めい・1歳6カ月)が、遊びに来ました。
婿は船の機関士をしており、沖縄ということもあって、孫の名には帆と海がついています。
15日は台風が沖縄を通過ししたあとだったので、飛行機は揺れたそうだが、無事羽田に到着。
17日午前中は、愛川公園と服部牧場に行って遊び、18日には帰っていきました。
二人とも小柄だけどよく食べる。そしてよく笑い、よく泣く。
普段、妻と2人だけなので、生活がガラッと変わった日々でした。

 
 
 
 

2017年8月13日日曜日

墓参り

 13日、妻と2人で旧津久井町根小屋にある山下家の墓参りに行きました。
 次男家族が先に来ていて、墓掃除をしてくれていました。



 暑い中、のびた草をきれいに抜き取り、墓石もきれいに洗われ、汚れもしっかりとれていました。
 私たちは、きれいになった頃に到着したので、大変助かりました。
 花やお供えものも用意してくれていたので、にぎやかな墓参りになりました。



 その後、私たちは妻の両親の墓参りに行きました。

2017年8月11日金曜日

感動しました!原水爆禁止世界大会

 核兵器禁止条約が採択された直後の原水爆禁止世界大会・長崎は、喜びと確信、展望と決意に満ち溢れた感動的な大会となりました。
 開会総会での主催者報告で「ゼロに1億を掛けてもゼロだが、1に1億を掛ければ1億になる」の言葉は印象的でした。誰も力を出さなければ何人いても力にならないが、1人の力が積み重なれば、大きな力を発揮する。まさにその通りだと思いました。
 核兵器禁止条約交渉会議をリードしてきた中満泉・国連軍縮担当上級代表の開会総会での発言や、閉会総会で、ビッグサプライズと紹介され読み上げられたエレン・ホワイト議長のメッセージに会場割れんばかりの大きな拍手と歓声で盛り上がり、画期的な今大会を象徴するものでした。
 開会総会には6千人、閉会総会には7千人が集い、会場は超満員で熱気に包まれ、大会は大成功しました。



 2日目は、動く分科会「被爆遺構めぐり」に参加しました。
 午前8時30分に爆心地公園に集合し、34班(1班20人ぐらい)と健脚コース3班に分かれ行動しました。
 写真にある原爆中心地標柱の上空500mで原子爆弾がさく裂しました。


 原子爆弾の熱線と爆風で浦上天主堂は破壊されましたが、南側の壁は残り、爆心地公園に移築されました。



 爆心地から約600mの山里小学校では、除草作業や防空壕堀りをしていた32名の職員のうち、生存者はわずか4名でした。児童数は1,581名でしたが、夏休み中のため約1,300名が自宅やその周辺で死亡しています。




 
 余談ですが、山里小学校近くの交差点は、通学時間帯(7:00-8:30)での歩車分離式信号になっていました。


 10歳の時、学校の塀で蝉をとっている時に被爆にあった大塚さんの体験を「被爆恊講堂」で約1時間聞きました。
 大塚さん自身は、お寺の墓場に逃げ、重症ではなかったものの、家族は白血病、壊疽で」死んでいき、8月9日は被爆の始まりで、苦しみの始まりだと語ります。
 今でも蝉の声は嫌い、8月は恐ろしいと言う大塚さん、核兵器禁止条約を力に、二度と被爆者を出さないよう、残された時間は少ないが、頑張っていきますと決意を表明されました。
 


 9日の朝早く、相模原代表団で平和公園に行き、平和記念像の前で祈り、持参した鶴を掲げました。




 
 長崎原爆資料館の屋上にある碑の横に、「中学校区網の目平和行進」と書かれた短冊がいっぱいつるされていました。近くにいた人に聞くと、「学童の子供たちが、自分の近くを核兵器廃絶を求め行進しているんです」と説明してくれました。



 最終日は大雨になりましたが、3日間それ程暑くもなく、無事帰宅できました。
 動く分科会はよく動きましたので、2日たった今日になって身体の節々が痛んでいます。

2017年7月30日日曜日

夏まつり

 29日(土)、地元の「相模台団地夏まつり」がありました。
 相模台団地も高齢化がすすみ、年配の方が多くいましたが、子ども連れの若い家族も多数参加していました。
 東林間から応援に来てくれた阿波踊りが場内をにぎやかせ、一気に祭りムードになりました。



 自治会など自分たちで出店をやり、焼きトウモロコシ、ポークウインナー、かき氷、味噌田楽、やきとり、焼きそばなど参加者が列をつくり買い求め、楽しんでいました。

                                       
 
生憎の大雨となったため、急きょ抽選会がおこなわれ、早めに終わりました。

2017年7月24日月曜日

自治体学校に参加しました

 7月22日(土)から24日(月)まで、千葉市で第59回自治体学校が開催され、参加しました。
 私は24日、「津久井やまゆり園事件追悼式」に参列するため、2日間の参加でした。
 22日の全体会では、記念シンポジウムが、コーディネーター岡田知宏京都大学教授、シンポジストに渡辺治一橋大学名誉教授、中山徹奈良女子大学教授の豪華なメンバーで開催されました。
 最初に岡田教授から、この間の大きな政治的変化を踏まえ、当初企画された地方自治と住民参加に加え、都議選後の安倍改憲の動向と地域での対抗軸形成の展望を語り合いたいと議論の内容について提起されました。
 岡田教授の進行のもとに、渡辺名誉教授からは、「都議選の結果と、安倍改憲、小池都政のゆくえ」について、中山教授からは、「開発型自治体の典型・大阪維新政治」について語られ、岡田教授からは「地方政治と住民自治をめぐる現状、課題、展望」が語られました。
 3時間弱のシンポジウムでしたが、各教授の話に吸い込まれ、あっという間に過ぎました。



 2日目は分科会がおこなわれましたが、会場まで千葉駅からモノレールで20数分かかり、そこから徒歩で約20分、さほど暑くなかったのが幸いでしたが、朝から良い運動になりました。
 分科会は、【講座 よくわかる市町村財政分析】に参加しました。
 講師は学習院大学の石山雄貴教授、多摩住民自治研究所の大和田一紘さんで、住民が自治体の財政を学び、財政分析する意義について語られたあと、講師の説明を受けながら、決算カードから自分で分析表に数字を転記していきました。
 転記することで決算カードの読み方が分かりますし、決算は単年度だけでなく経年で見ていくことが重要なことを学び、大いに勉強になりました。


2017年7月17日月曜日

自転車でも通れるようになりました

 下溝のファミリーレストラン横から入ったJR相模線沿いの通路が樹木に覆われ、自転車では通れず、歩行もしづらく、住民の方から再三改修要求が出され、私も何度か区役所に要請に行きました。
 そして、このたび樹木がきれいに剪定され、フェンスも取り除かれて、自転車でも通れるようになり、安心して歩行することもできるようになりました。


                                                                                 ⇩